スカルを初プレイしました! ブラフ系心理ゲームの良作!

先日のテラフォ会の息抜きに「スカル」ってブラフゲーをプレイしたんですが、これがなかなか楽しいゲームでした!

今回、ぜひ紹介したいと思います




スカルってどんなゲーム?

プレイヤーは3枚の薔薇(バラ)タイルと1枚のドクロ(髑髏)タイルを持っています(なぜか両方漢字が難しいw)。

自分のターンごとにそのうちから1枚のカードを裏向きに自分の前に置くか、「チャレンジ」するか選ぶことが出来ます。

チャレンジした場合は枚数を宣言します。場のタイルの枚数より少ない数字を宣言した場合、他のプレイヤーもカウントアップして自分がチャレンジする権利があります。

最終的に一番大きい数字を宣言した人が、その枚数分のタイルを場からめくっていきます。

めくったタイルがバラだけであればチャレンジ成功です!2回チャレンジ成功で勝者となります!

ドクロのタイルをめくってしまうとチャレンジ失敗で手持ちタイルを1枚捨てなければいけません。

すべてのタイルを失うとゲームから脱落となってしまいます!


スカルのプレイ動画等




スカルをプレイした感想

使うコンポーネントも少なく、ルールも簡単なので非常にシンプルなゲームです。

それにも関わらず読みあいの深さ、楽しさを存分に味わうことが出来るプレイ感に仕上がっています!

例えば、チャレンジする際はまず自分のタイルからめくらなければなりませんが、あえて自分のタイルにドクロが含まれている場合にチャレンジを仕掛けて、他のプレイヤーのカウントアップを誘うなどのブラフを駆使した作戦もできます。

チャレンジに負けるとタイルを失うわけですが、ドクロタイルを失った場合は、そのことに気が付かれるとほかのプレイヤーを大幅に有利にしてしまうので、何としても気が付かれないようにプレイングに気を付けなければいけません。

他にも、プレイヤーごとの出し方やチャレンジの傾向を見たり、考える点はいろいろあります!

上手く髑髏を引かせたり、チャレンジを成功させたときの快感も大きく、非常に盛り上がりました。

アイスブレイクにも向いていて、ぜひまたプレイしたいゲームの一つですね。




ラベルリスト

人気記事

最近のトラックバック